のと塩の里の塩づくりのご紹介

手間暇かけた独自の製法

美しい海が現代に引き継がれた能登半島。その最先端で能登塩の里は「揚げ浜塩田」を使って塩づくりを行っています。お日様の力、風の力、木材由来の火の力を借りて、目の前の澄み渡った海からくみ上げた海水を濃縮し、海の成分丸ごと入った白く輝く「和塩」を作り上げました。
体に良いとされる「にがり」成分が「おいしく」食べられるように、釜揚げ・乾燥工程に当社独自製法を取り入れ、健康になるための「塩」づくりにとことんこだわりました。精製塩に比べて食塩相当量が低くマグネシウムやカリウムが豊富で、味に奥行きがある和塩づくりをご紹介いたします。
写真をクリックすると、それぞれの工程の詳細をご覧いただけます。